top of page

The Sequel of That Night「Uneasiness」楽曲解説



これを書き始めた今は2023年5月21日1時過ぎ。

「Uneasiness」をリリースしてもう4日経ったけど、聴いてくれた人ありがとう。

まだな人是非1度だけでも。


次の作品の制作に追われているから「Uneasiness」を作っていた頃の記憶も薄れている。

忘れる前に書き殴るようにここに書き込めておくので気になる人はご覧ください。


今年の2月から短いスパンでシングルをリリースして今回で3作目。

3作とも色の違う曲でそれぞれ作っていて学びがあったと記憶している。

が、作ったのは最新なはずなのに1番記憶が無い。

思い出がないとかでもないが、個人的な事情や環境の変化、その他諸々の出来事が同時期に起き、それらと向き合いながら作っていたから薄氷のような脆い記憶しか持ち合わせていないのである。困ったのである。

だからであろうタイトルが「不安」である。


まぁ出来た後にタイトルつけたので、曲自体とはそこまで関係無いかもしれない。

とにかく振り返ります。いきましょう。


__________________________________________________________________________________

Carry on tonight

この夜よ続いてくれ

So many things we left undone

やりきれてない事はまだまだ沢山あるけど

Wanna stay young forever

いつまでも若くいたいんだよ

Wanna love "Now" that is fading

消えていく今という瞬間を愛したいんだ

But the dawn is about to come

だが夜が明けてくる頃だな

What kind of dream did you have boy?

少年よ、君はどんな夢を見たんだい?

Does it make you feel alive?

それは君をときめかせてくれたのか?

or make you feel alone? Ah

それとも独りぼっちにさせたのかな?


Even if I tell you that I love you that I love you ah

どれだけ君に好きだと伝えてみても

You won’t come back to my life

君は戻ってこないんだね

We are running out of time ah…

僕らには時間がないんだ

 

We're so small, pretending not to see what's gonna happen

僕らはとても幼く、これから先の出来事を見ないフリをしている

Being young is nothing but how stupid we are

若くいる事など僕たちがなんて馬鹿なのかって事に他ならないのさ

roaming around and rolling around and around but you’ve got to keep going

彷徨歩いて、転がり回っても進み続けるしかないんだ

When we look it back sometime we want to believe this is right

いつか振り返った時これで良かったと思えればいいんだ


Carry on tonight

この夜を続けていくんだ

For so many friends we’ve said goodbye to

別れを告げた多くの友の為に

We all know it’s now or never

今しかないって分かってるんだ

I’m fine and now the pain is fading

僕なら大丈夫さ、今痛みは消えつつある


Now the dawn is about to come

今、夜が明けてくる頃だな

What kind of dream did you have girl?

少女よ、君はどんな夢を見たんだい?

Does it make you feel alive?

それは君をときめかせてくれたのか?

or make you feel alone? Ah

それとも独りぼっちにさせたのかな?


The story, it still goes on and I love you I love you ah

物語は未だに続いていて、僕は君が好きで

The words fly high and all I could do was see you off no…

言葉は高く宙を舞い、君を見送るしか出来なかった

Even if I tell you that I love you that I love you ah

どれだけ君に愛していると伝えてみても

You won’t come back to my life

君は戻ってこないんだね

We are running out of time

僕らには時間がないんだ


We're so small, pretending not to see what's gonna happen

僕らはとても幼く、これから先の出来事を見ないフリをしている

Being young is nothing but how stupid we are

若くいる事など僕たちがなんて馬鹿なのかって事に他ならないのさ

roaming around and rolling around and around but you’ve got to keep going

彷徨歩いて、転がり回っても進み続けるしかないんだ

When we look it back sometime we want to believe this is right

いつか振り返った時これで良かったと思えればいいんだ


When we look it back sometime we want to believe this is right

いつか振り返った時これで良かったと思えればいいんだ

When we look it back sometime we want to believe this is right

いつか振り返った時これで良かったと思えればいいんだ


What we’ve seen, what we’ve heard, what we’ve known, and what we’ve felt about you

僕らが君について見たもの、聞いた事、知っている事や感じた事

Wanna know something new

新しいことを知りたいんだ


Life is change

生活は変化し

We all get old

僕らは皆、歳をとる

Sometimes lose what we need but someone new comes to you

時々必要なものを失うけど、新しい出逢いが君に訪れる

__________________________________________________________________________________


明確にそうだ!って訳ではないんですけど、曲を作る前に情景とか色とかを脳内で想像するんですけど、僕の中では1st Mini Album 「While We Are Sleeping」の中の楽曲「The Calm After The Bloom Of Youth」の続編的なイメージがあります。


興味あったら一旦そっちのセルフライナーノーツ見て欲しいですが、海外の学生が行うプロムからイメージを膨らませたみたいな事書いてると思います。

「Uneasiness」はその後に校庭で若い子らがキャンプファイヤーしていたりそれぞれ帰路に着く真夜中のイメージがあります。

主にこの情景のイメージから作った曲です。


The Calm~は個人的にお気に入り曲なので無意識的に続きを書きたくなったのかもしれません。


探したら見つけたので、以下、拓音に今回のジャケットを作る時に伝えた、曲のイメージ。


”The Calm~が若者がteenageを卒業して大人になる前の不安や期待をイメージしたなら、今回はどんな世代の人にも生きていれば訪れる終わって欲しくない時間を噛み締める時間や困難や苦悩にもがく瞬間とか辛い別れや人生を変える出会いとか大きな人生の出来事を享受しながら自分の糧にして生きようってテーマかな”


です。

もうこれが全てです。


あ、これは覚えてますがCarry on tonight~って1番最初の歌詞のメロディーが「Young,Cheap,And Helpless(feat. うえきさくら)」のボーカルレックをスタジオでしている時に思い付いて、そこから膨らませました。

余談ですが最初思い付いたときGreen Dayみたいだなって思いました(Song of the Centuryって曲)

21st Century Breakdownなんて中学の時ウォークマンで死ぬほど聴いたなぁ…。

1番好きなのはNimrodだけど。


話を戻しますが、歌詞のイメージは概ね以上ですかね。


サウンド面は基本ミドルポップチューンって感じで総じてキラキラしている感じだと聴いてくれた人から感想をいただきます。Dream Pop。我々の得意な曲調でしょう。

ベースがゴリゴリしていて、キックもコンスタントにずっとビートを刻んでくれるチルなダンサブル曲。最後テンポ変わる所がお気に入りです。


より細かい事を言うとボーカルもそこまで主張するようにミックスやマスタリングをしてもらって無いので、オケに溶け込む優しい感じ。

ライブでは音に身を任せてチルダンス魅せて下さい:)


ちなみに一旦これでシングルリリース期間は一旦終わると思います。多分。メイビー。

そろそろNESTも新章に参ります。

じゃあ制作に戻ります。

またお会いしましょう:)

閲覧数:55回0件のコメント

最新記事

すべて表示

コメント


bottom of page